abdeal lures

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

最高に格好良い道具 

本日もBOASTER ご来店いただいたお客様ありがとうございました。
トップウォータープラッギングというだけあって、ルアーがこの釣りの主役であったりするのですが、ロッドやリール、プラグを入れるボックスはもちろん不可欠であり、日本の職人さんが作る格好良いものがまだまだあります。

まずこちら
HANDSOMEさんの
HANDSOME BOX 
BOASTER別注
まず素材に注目すると、竹の合板にハイポリマー加工を施した手触りがとてもシルキーな高級感あふれるBOXとなります。
素材の影響か、ウッドの温かみのあるBOXというよりは、上品でモダンな、とてもルアーのBOXにはみえない印象です。
写真や言葉では表現しきれない魅力なので、ぜひ実物をお近くのHANDSOME取扱店で、見て触っていただきたいです。
大きさの割に軽く、ルアーを詰め込んだときにちょうど良い重さになります。
機能としても、私たちが作る日本のハンドメイドトップウォータープラグを余裕で入れられる深さになっており、仕切りはもちろん取り外し可能なので好きなように入れることができるのはありがたいです。
釣りに行く前は綺麗に入っていたのに、釣りの終わった後にはBOXに綺麗に収まらない!なんてことが深さの浅い細かい仕切りのオールドBOXを使うとありますが、そのような無駄なことを考えることなく余裕ある深さでシンプルに仕上げられているのは流石、日本のハンドメイドルアービルダー嶋崎さんですね。
でも一番は何よりも格好いいということが嬉しいです。
BOASTERでは大胆にBOX全体にシンプルなデザインの模様を入れていただき、嶋崎さんと一緒に革工房まで足を運び、
色々サンプルを見てライトネイビーの革に変更していただきました。
バンブーの品のあるデザインを生かした、インパクトもありつつ飽きのこない仕上がりに満足しております。
価格も40,000円(外税)でとても高価なものですが、それ以上に満足度がある最高の大人のタックルBOXですね。
レーザーの焼き加減といい本当に格好良いBOXですね。自分では作れないです・・・・
釣りに行きたい、ルアーを入れたいとワクワクさせますね。

handsame box1115
handsome 2222
handsome 333

そしてロッド
スローテーパーさんのSLOW&STEADY
私が使い始めて何年目だろう・・・と考えるほどずっと使ってます。
もちろんその間にも今でも、他のメーカーさんのロッドを色々使ってますが、すんなり私のルアーにも1オンスまでのルアーにも対応できてストレスなく一日釣りのできるロッドといえばこのSLOW&STEADYシリーズとなります。

釣り竿もルアーと同じく色々な個性やスタイルがあって良いと思うのが持論で、どれが正解で、どれがダメなのか、それはやはり好みではないのかと思います。 
友人とお話をしていて、昔ながらのグラスロッドをオーバーヘッドキャストで綺麗な弧を描くような釣りもまた美しく私も憧れる大人のスタイルなのかと思いますし、今ではたくさんの種類が存在するトップウォター用カーボンロッドを使用した、機能を重視しサイドキャスト、バックハンドキャストなどを使いこなし釣るために特化したスタイルもまた一つの遊び方だと思います。 それを選ぶのはアングラーの方自身であり、自分にあったロッド選びしていただきたいと思います。
お客様がどう遊びたいのかを少しでもお店で選択できるようにロッドを在庫しています。

その中でもトップウォター専門のロッドメーカーは数少なく、代表としてスローテーパーさんのロッドを多数取り揃えております。  
特徴としてはクセがなく誰でもすんなりと入り込める竿なのかと思います。
釣り竿は自分の手の延長のような感覚であって欲しいものですが、キャストはし易いけどアクションさせにくいとか、持ち重りのするので長時間使用するには疲れる、などそんな不満がなくバランスよく仕上げられている全くストレスを感じないのが特徴ですね。 
 極端に短かったり、長かったりと、この竿面白い!とかそんな印象の受ける個性的な竿ではないのですが、私自身の釣り竿に対する考え方はやはり一日使って疲れない、オーバーハングやストラクチャーの多い場所でバックハンド、サイドキャストともにスムーズにやりやすい、同じ使用感で竿の長さ、パワーも選択できるということです。
フィールドにより竿を選んで出かけるのですが、大規模リザーバーに5,4Ftの竿では物足りないし、ごちゃごちゃオーバーハングばかりの狭い場所で6Ftだけでは攻めにくいし、ロッドも何本か持ち選択しなければいけなくなってきます。
一つのメーカーでそれができるがSLOW&STEADYシリーズなのかと思います。 

ちなみにその中でも私が心の底から大好きな竿はL6ですね。
かなり前の話ですが、はじめて手にしたときは本当によく考えられた竿だと感心してしまいました。
ライトなティップに適度なパワーをもたせたバットで、キャストしやすいのはもちろん、魚をかけてからランディングまで主導権を魚に握らせない力も持ち合わせた素晴らしい竿だと思いました。
魚とのやり取りまでもが楽しく、全てが気持ちよくできる竿という印象です。
その当時はキャストするときにバットから綺麗に弧を描きルアーのウェイトをのせて投げるというグラスロッドがほとんどだったのですが、それがその時の私にとっては疑問であったし他にテンポよく投げることができて尚且つグラスの良さも持ち合わせた竿を探していました。
そして出会ったのが完璧に自分のフィーリングにあう実戦的なグラスロッドL6でしたね。
誇張した表現のようになってしまいましたが、一度使っていただく価値ある竿だと思います。
HANDSOMEさんの唯一無二のかっこいいBOXと同じく、この竿の飾り巻きとロッドのカラーリングは他には絶対にない高級感があり本当の職人さんがロッドビルディングをしているんだと関心させられます。
特にDESTILLシリーズのダージリンカラーはなんとも表現できない最高級ロッドの名にふさわしい仕上がりです。

どちらも大人でもちょっと背伸びして買いたくなるような魅力のある商品ですね。

スローテーパーさんのシリーズは私の私物含めほとんどの機種をBOASTERで触ることができますので、
もしロッド選びに悩んでいる方がいれば一度触っていただきたいですね。

ぜひ土曜日、日曜日1時~6時までですが、ご来店お待ちいたしております。
BOXもロッドも通販対応させていただきますので、お気がるにabdeal のメールからお問い合わせいただければ幸いです。


slow and steady

カテゴリ: 日々

[edit]

Posted on 2015/03/14 Sat. 00:50    TB: --    CM: --

プロフィール

カレンダー

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。